当研究室は自動車の自動運転の実現に向けた研究を行っています。
自動運転や高度交通システム(ITS)、スマートフォンアプリケーションにおいて、自己の位置を正確に知ることは非常に重要です。このテーマでは、特に都市部における自己位置推定に焦点を当て、GPSをはじめとするGNSSや慣性センサなど車載/モバイル端末センサなどを用いて、高精度な位置推定が可能な手法の確立を目指しています。
安全かつ潤滑な交通を実現する自動運転や先進運転支援システム(ADAS)を考える上で、車両周囲をセンシングし、車両の置かれている状況を認識することが必須となります。当研究室では特に歩行者/自転車などの交通弱者の安全性確保に向けて、検出から行動認識にわたる様々なレイヤーへアプローチしています。
3次元地図はカメラやレーザーシステムを用いた自己位置推定法や当研究室の高精度なGNSS測位法において必要不可欠であり、3次元地図の精度は自己位置推定結果に大きな影響を与えます。このテーマでは、3次元地図の生成や修正方法について研究しています。
詳しい内容やその他のトピックに関しては研究概要をご覧ください。
 当研究室は、東京大学駒場リサーチキャンパス(駒場Ⅱキャンパス)内生産研究所にあり、情報理工学研究科電子情報学専攻および情報学環・学際情報学府先端表現情報学コースに所属しています。修士8名、博士5名、研究員2名(2016年4月より)。中国人をはじめとしてたくさんの留学生が在籍し、国際色豊かなメンバーになっています。年に一度キャンパス公開がある他、見学も随時受け付けています。ご希望の方はご連絡ください。
>>LastUpdate : 2015/03/02
2016/03/02
2015年度の研究成果を追加しました。 各ページを更新しました。
2015/01/21
発表文献に2014年発表文献を追加しました。
2014/01/21
「交通信号制御」の内容を追加しました.
2013/11/25
「都市部におけるGNSSの精度改善」,「モバイル端末を用いた行動推定」,
「マーケティング映像における人物姿勢認識」等の研究詳細を追加しました.
2013/10/29
研究概要の一部注意書きを変更しました.
2013/08/27
発表文献に2013年発表文献(to appear)を追加しました。
2013/04/23
メニュー「学会・委員会活動」を追加しました。
2013/03/29
発表文献に2012年発表文献を追加しました。
2013/03/25
トップページを更新しました。 研究概要に「マーケティング映像における人物姿勢推定」を追加しました。
2013/03/12
トップページを更新しました。 研究概要を追加しました。
2012/10/02
ホームページ全体のレイアウトを変更しました。